SK-Ⅱの拭き取り化粧水はコスパよし

SK-Ⅱは高級化粧品としてとても有名ですが、拭き取り化粧水のフェイシャルトリートメントクリアローションはSK-Ⅱにしては価格も比較的安く容量も多いので、一度買えば数か月持ちますし効果もかなり期待できるものなのでおすすめです。

私の場合、化粧を落とした後にコットンに含ませて拭き取るのですが、化粧を落とした後なのにコットンに色がつくくらいしっかりと汚れを取ってくれますし、使っていくうちに毛穴の黒ずみがどんどん小さくなるのを実感しています。

また、初めのうちは気が付かなかったのですが、使っていくうちに肌もワントーン明るくなった感じもします。

私はこのフェイシャルトリートメントクリアローションで肌の汚れを取った後にSK-Ⅱ以外の普通の化粧水と乳液を使用しているのですが、化粧水と乳液を付けると、普段よりもしっかりと肌に化粧水と乳液が馴染んでいるのもわかりますし、吸収してると実感できます。

フェイシャルトリートメントクリアローションを使ってからは吹き出物が出来る頻度が少なくなり肌トラブルもかなり解消されました。

SK-Ⅱは良いブランドだとは聞いていましたが、まさかこんなにも効果があるなんて思ってもいなかったのでびっくりです。

全てのラインをSK-Ⅱにするのは金銭的に難しいのですが、このフェイシャルトリートメントクリアローションだけでも使用していけば今後自分の肌を綺麗に保つ事が出来そうだと思っています。

今までSK-Ⅱを使いたいと思っていつつも値段がネックで手が出せなかった人には、まずこのフェイシャルトリートメントクリアローションで肌の汚れやくすみを解消する事から始めてみてはどうでしょうか?

全てのラインをSK-Ⅱにしなくとも毛穴の汚れを解消出来れば今まで以上に肌の調子が良くなりますし、他の物を普通の化粧水や乳液で済ませられるのでかなり便利ですよ。

ベアミネラルでメイク時間をカット。

子育てママにとって、自分の肌に時間もお金もかけていられないというのが、世の中の多くのママさんの悩みであると思います。

子供が生まれる前の独身時代なんて、どれだけ自分の肌にお金も情熱も注いできたことか。

私なんて、良いと言われるがままにデパートの化粧品売り場で綺麗なビューティースタッフのご指導のもと、ありとあらゆる数々の化粧品を買い漁ったことでしょう。

これも良ければ、こちらも良い、というように化粧品ジプシーでもありました。

しかし、どうでしょう。

子供が生まれてからというもの、デパートの化粧品カウンターに行く時間なんてもってのほか、お出かけ前に自分のために鏡の前で化粧する時間すら惜しくなってきました。

そんな、忙しい子育てママの救世主。

それは、「ベアミネラル」から出ているオリジナルファンデーションです。

こちらは、うたい文句にあるように、クルクル、トントン、さっさっさの、たったの3ステップで驚くような肌触りの肌に変身致します。

この3ステップで費やす時間はたったの2,30秒です。

これなら、お出かかけ前の貴重な時間も無駄にはなりませんよね。

また、さらにこちらのメーカーから出ている「ミネラルベール」という同じ形状のファンデーションも凄いんです。

テカリを押さえ、さらさら肌を一日中キープしてくれるフィニッシングパウダーです。

これ一つで、午後にテカリが気になりもう一度化粧をし直すということもなくなります。

忙しい子育てママだけでなく、忙しいOLの皆さんにも化粧直しの手間が省けるという優れモノですので、是非お勧めしたいですね。

どちらも、最強の強みとしてミネラル成分配合ということで、お肌にかかる余計な負担は一切ありません。

もしもし、あまりのお疲れに子供と一緒にそのまま化粧も落とさずダウン、OLさんも飲み会の日の帰宅後はそのままベットに直行なんていうこともあったりしますよね。

そのような時も全く気にしなくて大丈夫です。

お肌に優しい成分なので、そのまま寝てしまってもヘッチャラなんです。

良い事づくめ、是非是非、「ベアミネラル」試してみてくださいね。

殿堂入りのアイカラーパレット

私のベストヒットコスメと言えば、資生堂の「ルミナイジングサテンアイカラートリオBE213」です。

こちらの商品は、3色のカラーがセットされたアイカラーパレットになっています。

お好みに合わせて13種類の中から選べるようになっています。

私がはまっているのは、ベージュのパレットですが、見た目は本当に地味な感じです。

自分ではあまり手に取らないような目立たないパレットですが、普段使いできるベージュのアイカラーを探していた時に、何気なくカウンターでつけて頂いたのが、きっかけで使い続けています。

普通の3色のパレットだと、アイホール全体に明るさを出してくれる淡いカラーと、主役になるカラー、締めの役割をしてくれるカラーに分かれていますが、こちらの商品はどの色もほんわりとした色味になっています。

黄色よりのベージュ、ピンク寄りのベージュ、カーキ寄りのベージュといった感じです。

締めの役目をしてくれるカラーはありません。

見た目にインパクトがないので、試すかどうかも悩んだのですが、店員さんにお任せしてみることにしました。

粉はしっとりとしていてピタッと密着してくれるようです。

出来上がりを鏡でチェックしてみて驚きました。

なんともいえない光に包まれたアイメイクが完成していました。

グラデーションで魅せるというより、光を目に集めるといったイメージでしょうか。

パレットをよく見てみると、それぞれに細かいラメが散りばめられていて、上品にチラチラと光り輝いています。

このラメの細かさが絶妙なバランスを出しているのだと思います。

付属には、チップとブラシがついていますが、ブラシはさすが資生堂と思わせられる質の良さです。

今まで、ベージュのアイカラーパレットは、散々試してきましたが、日によってはくすんでしまったり、ラメが飛んだりといった経験もあり
悩んでいました。

最近では、そういった悩みも解消されストレスなくアイメイクを楽しんでいます。

最近のメイクは、グラデーションをしっかりつけるよりも目元に明るさを出して抜け感を出してあげるといったやり方も紹介されているので、
今のメイクにもピッタリだと思います。

メリッシュのリップグロスが見たまま発色で最高です。

メリッシュというブランドのリップグロスを一年ほど前から愛用しています。

購入したのは横浜のディスカウントショップで、特に何の気なしに「安いから」という理由で購入してしまったのですが、いざ使ってみるととんでもない掘り出し物でした。

まず、メリッシュというブランドのこのリップグロスは「見たままの色」が唇につきます。

リップグロスの場合、こういったことはなかなかありませんし、大体の場合「ちょっと薄いな」とガッカリさせられて終わるのですが、メリッシュのリップグロスの場合は本当に見たまま発色なのです。

あまりにも期待通りの色だったので「世の中にこんなリップグロスあったんだ」と感嘆を漏らしてしまうほどでした。

友達にも「騙されたと思って使ってみて」と無理矢理使わせたのですが、翌日には都内のディスカウントショップやドラッグストアをかけまわってメリッシュを探す羽目になってしまっていました。

それくらい、メリッシュのリップグロスには魔力があります。

シャネルのリップグロスも実は持っているのですが、艶があっても実は見たままの色は発色してくれません(でもさすがシャネル、色自体はすごくいいんです)。

艶の面や剥がれにくさの面ではシャネルが上かもしれませんが、見たままの色を発色してくれるのはメリッシュの方ですね。

また、メリッシュの場合は付属の筆がとてもよく出来ていて、リップグロスにありがちな「つけすぎて大変なことになる」「ティッシュオフするとぐちゃぐちゃになってしまう」といったハプニングがありません。

一発で綺麗に塗ることができるので、この筆は液体がなくなった後も再利用していこうと思います。

とにかく、リップメイクに自信が持てるようになったのでメリッシュは素晴らしいと思います。

ファンデの中身も重要だけどブラシも大事よね

一番使いやすいミネラルファンデーションのブラシはオンリーミネラルかな。今のところ。

ブラシの画像

ファンデの中身も重要だけどブラシも大事だと思うんです。道具でメイクも変わりますし。

かれこれ、いろんなミネラルファンデーションを使ってきましたが、中身に関しては年々、どのメーカーさんも良くなっているんですよね。ただ、ブラシはメーカーによって差がありますね。